ÉIÉtÉBÉVÉÉÉãÉTÉCÉgÉ^ÉO
item5
item5 心肺蘇生法講座 item5
心肺蘇生法講座 item5 心肺蘇生法講座
item5
item5 日本BLS協会 item5
item5
ホーム lp 窒息解除
BLS for HCP
item10

Copyright 2006-2007 Japan BLS Association

item4

窒息解除法

BLSスケジュール
Heart Saver AED
BLS for HCP
BLSインストラクター
BLSコース各種
FLow chart
申込後に

English imode

【窒息の解除法はシンプルです】

窒息の解除方法は医学的にはほぼ確立しています。これと言って難しい手技ではなく、10歳以上なら誰でも覚えられるような内容です。

米国では、このテクニックを知りかつ2年おきに講習を受け続けなければ、教員資格が停止されると言われています。国内での教員の応急手当講習の受講状況はお寒い限りで、一部の熱心な教員が受講している程度といわれています。対処法を知っていれば、多くの尊い命が救われたかも知れません。

 

【国内の窒息死事故の現状】

 一年間に約4000人が窒息によって亡くなっています。2006年1月1日からの1年間で、消防本部及び救命救急センターを対象にした事故事例を上げます。原因のワースト3は、

 1,おもち(77例)
 2,ごはん(61例)
 3,パン(47例)

    :

   カップ入りゼリー(2例)

詳細事例

意外ですか?案件数でいれば「カップ入りゼリー(コンニャクゼリー)」などの50倍以上の頻度でおもちやご飯が原因となっているのです。気道異物でポピュラーなのは実は日常口にいれるものなのです。子供にとっては、給食に出る食べ物にも注意が必要です。 

 【厚生労働省:食品による窒息事故に冠する研究結果などについて

 

【マスコミ掲載履歴】

 窒息事故が起きる度に、マスコミの皆様から取材依頼が来ます。窒息の解除方法のデモの取材が多いのですが、本質的には「何故現場の人間が解除の努力をしなかったのか?」という観点が重要です。特に教育現場で起きれば、教員の責任追及は免れない可能性が多いでしょう。

 「窒息はほとんどの場合本人の責任」ですが「国際的に確立した手順によって解除の努力がなされなかった」のなら、それは管理責任者の責任と言えるでしょう。AEDを使ったけれど助かりませんでしたという時代は既に過ぎていることを認識するべきです。

 時間があれば取材はお受けいたしますので、ご連絡下さい。

 マスコミ取材履歴

 救命コンサルタント 青木太郎

会場案内
キャンセル
CORE Instructor
AHAのTC,TSについて
BLS Instructor
感想
友の会入会のご案内
law
タスクについて
BLS Instructor
携帯用ページQRコード
BLS for HCP
サイト設立希望の方
BLS Instructor
law
law

携帯電話でのお申し込みはこちら

law
BLS for HCP
申込後に
会場案内
キャンセル
友の会入会のご案内
BLS for HCP
トップページへ トップページへ トップページへ トップページへ トップページへ BLS for HCP インストラクターになるには? FLow chart 特別セミナー BLS Instructor 受講生の感想 感想 BLSの申し込みはこちら IMG0479small1a1a1b1a1a BLS for HCP 講習風景写真 BLS Instructor リンク law プレスリリース law ミッション law 個人情報入力 会場案内 領収書の発行 キャンセル よくある質問 友の会入会のご案内